ディスクおよびインターネットの個人情報を消去します

R-Wipe & Clean は、R-Tools 社ソリューションで、不要なファイルをワイプし、あなたのコンピュータの情報を維持します。 テンポラリインターネットファイル、Cookies、オートコンプリートフォームおよびパスワード、スワップファイル、最近開いた文書リスト、エクスプローラの MRU(最近利用したファイル)リスト、一時ファイル、および、300 以上のサードパーティアプリケーションのトレースなど、あなたのオンラインおよびオフラインのアクティビティに関する個人記録を完全に削除し、ディスク領域を解放します。 高速または安全な消去アルゴリズムを使ってファイルおよび未使用領域をワイプします。 一度の処理で消去するファイルおよびフォルダをワイプリストに入力します。 FAT および NTFS ファイルシステムをサポートします。 別々のワープタスクを結合して、即時または指定した時刻またはイベント時に起動させることができます。

新しい R-Wipe & Clean はWindows 10、8.1 と 8をサポートし、Microsoft Office 2016 および Skype(!)を含む600以上のサードパーティーアプリケーションのトレースをクリアし、Microsoft Edge、Internet Explorer、Mozilla/Mozilla Firefox、Opera、Safari、Flock、Netscape、AOL、MSN、Google Chrome、SeaMonkey、BT Yahoo!、Konqueror、およびK-Meleonの全ての最近のバージョン、およびGoogle、Windows Live、Yahoo!、およびMSN ツールバーをサポートします。

30 日間の完全機能の無料トライアルバージョンが評価目的で利用可能です。

今すぐ R-Wipe&Clean を購入する 28.99 USD*

* カナダ在住者には所定の税(GST)が加算されます

以下を実現可能です:

  • ワイピングは元に戻すことができませんので、選択したデータを事前に確認してください。
  • テンポラリインターネットファイルをワイプし削除します。
  • 識別する目的でウェブサイトとお使いのコンピュータ上に作成する小さなファイルである、「Cookies」をワイプし削除します。 必要な Cookies は安全に保存されます。
  • ウェブサイトとお使いのコンピュータ上に作成する小さなファイルである Flash の Cookies をワイプし削除します。
  • Java および Microsoft VM ログをワイプし削除します。
  • ウェブサイトで入力すたログイン名、ユーザー名、パスワードおよびその他の個人情報および検索エンジンで入力したキーワードなどのオートコンプリートを消去します。
  • 訪問したウェブサイトの「履歴」を消去します。
  • 最近開いた文書の一覧を消去します。
  • 開いているファイルの履歴リストを消去します。
  • Windows クリップボードのコンテンツを消去します。
  • Windows および他のプログラムで作成される一時ファイルをワイプし削除します。
  • 実行リスト、検索結果、マップされたネットワークドライブ、取り付けられた周辺装置、および最後に開いたレジストリキーなどのシステムレジストリトレースを消去します。
  • スタートメニューのリンクおよびアイコン、コントロールパネルのアイテム、お気に入りに保存されたウェブページ、および Internet Explorer のボタンなどの最も良く使われるプログラムのリスト、「MFU」を消去します。
  • 不正な Windows シャットダウン時に残る .dat ファイル(ロックされている場合を含む)をワイプします。
  • オフラインコンテンツをワイプし削除します。
  • Microsoft Office および他の標準 Windows アプリケーション、多くの他のプログラムを含む 300 以上のサードパーティプログラムのアクティビティトレースを消去します。 インストールされたアプリケーションを自動的に検出します。
  • R-Wipe & Clean が現在サポートしていないアプリケーションのアクティビティトレースを消去するためにのカスタマイズされたワイプリストを作成します。 そのようなワイプりすとには、アプリケーションの作業ファイル、一時ファイル、およびレジストリキーを含みます。
  • Windows スワップファイルのワイプ。
  • ディスク上にあり、しかし、既存のオブジェクトにリンクしていない無効なショートカットをワイプします。
  • Windows イベントリグのワイプ
  • Windows 内蔵のファイアウォールログをワイプします。
  • ネットワークフォルダへのリンクを消去します。
  • セットアップ一時ファイルおよびログファイル、メモリダンプファイル、および古いチェックディスクファイルなど補助一時ファイルをワイプします。
  • プリフェッチトレースをワイプおよび削除します。
  • デフラグリストをワイプし削除します。
  • 格納されたエクスプローラの表示設定を消去します。
  • 格納されたアプリケーションの説明を消去します。
  • キャッシュされたアイコンおよびフォントをワイプし削除します。
  • Windows 更新システムのさまざまなログをワイプします。
  • WMI、診断およびセキュリティ管理ログをワイプおよび削除します。
  • 格納されたネットワークパスワードを消去します。
  • キャッシュされたシェル拡張を消去します。
  • 未読メールの格納されたアドレスを消去します。
  • 格納された FTP フォルダを消去します。
  • 格納されたスタートメニューの順番を消去します。
  • キャッシュされた壁紙を消去します。

R-Wipe & Clean は、全ファイルをワイプして、完全に復元できないようにします。

  • FAT および NTFS ファイルシステムをサポートします。
  • DoD 承認済みのものを含む、選択可能な高速または強力なワイプアルゴリズムを使ってファイルをワイプします。 ファイルは、Windows エクスプローラから直接ワイプできます。
  • 事前にワイプするファイルのフォルダのリストを保存し、一つのタスクでワイプします。 Windows エクスプローラから、直接現在のワイプリストにファイルまたはフォルダを追加できます。
  • ファイルの代替データストリームをワイプします。
  • クラスター「チック」およびファイルクラスタのフリーパスをワイプします。
  • FAT および NTFS ファイルシステムをサポートします。
  • DoD 承認済みのものを含む、選択可能な高速または強力なワイプアルゴリズムを使ってファイルをワイプします。
  • ディスクプロパティメニューの R-Wipe & Clean タブから一つおディスク上の未使用領域をワイプします。
  • 一回のワイプタスクで複数ディスクの未使用領域をワイプします。
  • NTFS マスターファイルテーブルの直接格納される小さいファイルレコードをワイプします。
  • 手動および時間またはイベント(ユーザーログオン/ログオフ、システム起動/シャットダウン、ブラウザを閉じるときなど)で起動する様々な消去におけるワイプタスクを組み合わせることができます。
  • ワイプタスクはコマンドラインから起動できます。
  • スケジュールを設定すると、消去処理がバックグランドタスクとして自動的に開始されます。
  • スケジューラは、ワイプ処理完了時にコンピュータの電源を落とします。
  • お使いのコンピュータ上のオフラインおよびオンラインでのアクティビティの全レコードの情報を表します。
  • 緊急にウェブブラウザを閉じる Boss Key。
  • 究極のポップアップブロッカー。
  • ステルスモード。
  • カスタマイズ可能なシステム統合: ほとんどのワイプおよび削除操作を Windows から直接実行できます。
  • パスワード保護します。
  • スタンバイ/休止状態制御: お使いのコンピュータは、R-Wipe & Clean が長いジョブを完了する間も休止状態にはなりません。
  • R-Wipe & Clean で必要な項目だけを表示するようにカスタマイズします。
  • リネームマネージャを起動して、プログラムまたはシステム自身でロックされたファイル/フォルダをリネームします。 また、次の起動の間に他のプログラムでリネームされたファイル/フォルダの一覧を表示し、編集することも可能です。

R-Wipe & Clean の特徴

バージョン 11.3.x の新しい R-Wipe & Clean の機能

  • 新しいアプリケーションが [アプリケーション トレース] に追加されました: McAfee、3D Builder、Accounts、Cloud、Experience Host、Content Delivery Manager、Cortana3、Get Started、Messaging、Microsoft Office Hub、Microsoft Solitaire Collection、Sway。
  • 新しいアイテム [ログファイルの検索] が [プログラムデータ] セクションの [トレースのインデックス作成] タブに追加されました。
  • 新しいアイテム [Hyper-V コンポーネント セットアップログファイル] が [システム] セクションの [セットアップログ] タブに追加されました。
  • 2 つの新しいアイテム [Component-Based Servicing ログ] および [Get Windows 10 ログファイル] が [システム] セクションの [補助一時ファイル] タブに追加されました。

バージョン 11.2.x の新しい R-Wipe & Clean の機能

  • 次の項目が [インターネット (Skype)] タブに追加されました:[ビジネスインテリジェンス統計情報]、[絵文字キャッシュ]、[内部データベース]、[メディア転送キャッシュ]、[保存された絵文字情報]、[保存されたファイル転送情報]、[保存されたメディア転送情報]。
  • 新しい項目 [更新ログ] が [アプリケーション トレース] セクションの [Microsoft OneDrive] タブに追加されました。

バージョン 11.1.x の新しい R-Wipe & Clean の機能

  • [入力されたURL] アイテムが [インターネット (Microsoft Edge)] セクションに追加されました。
  • 3 つの新しい項目が [システム] セクションに追加されました:[Component-Based Servicing ログ]、[Deployment Image Service and Management ログ]、[起動ファイルのリネームログ]
  • 4 つの新しい項目が [セットアップログ] タブに追加されました:[Delta Package Expander セットアップログファイル]、[ドライバパッケージ インストーラーログ]、[Local Security Authority セットアップログ]、[セットアップ クリーンアップタスク ログファイル]。
  • Metro およびユニバーサルアプリケーション用にスワップファイルをワイプし、消去することができます。

バージョン 11.0.x の新しい R-Wipe & Clean の機能

  • Windows 10 および Microsoft Edge ブラウザのフルサポート。
  • 2 つの新しい項目が [インターネット (Google Chrome)] セクションに追加されました:[Web アプリケーションファイルシステムのファイル] と [Google Cloud Messaging のトレース]。
  • 7 つの新しい項目が [プログラムデータ] セクションに追加されました:[Windows Defender アクティビティログ]、[Windows Defender 検出ログ]、[Windows Defender Network Inspection Service ログ]、[Windows Defender スキャン結果]、[Windows Defender クイックスキャン結果]、[Windows Defender スキャンログ]、[Windows Defender WPP ファイル]。
  • iCloud が [アプリケーショントレース] セクションに追加されました。

バージョン 10.9.x の新しい R-Wipe & Clean の機能

  • Microsoft Edge ブラウザ (Windows 10) のサポートが追加されました。次の項目を削除することができます:[キャッシュファイル]、[Cookie]、[アプリケーションキャッシュ]、[キャッシュされた証明書ファイル]、[キャッシュされた DOM ファイル]、[内部データベース]、[保存された Favicon]、[保存された回復情報]、[保存された Web ノート]、[Web ページタイル]、[一時ファイル]、[キャッシュデータベース]。

バージョン 10.8.x の新しい R-Wipe & Clean の機能

  • 新しいタブが [インターネット (Mozilla Firefox)] セクションに追加されました:[インデックスデータベース]、[保存された HSTS Cookie]、[保存されたタイムスタンプ]、[テレメトリ レポート]。
  • [Mozilla 更新ログ] タブが [プログラムデータ] セクションに追加されました。
  • リムーバルドライブに関する新しいアイテム [保存された情報] が [システム] セクションの [システムレジストリのトレース]セクションに追加されました。

バージョン 10.7.x の新しい R-Wipe & Clean の機能

  • 補助トレース項目がインターネット (Mozilla Firefox) に追加されます。
  • 複数ユーザーモードのサポートは、インターネット (Google Chrome) セクションに追加されます。
  • 新しいアプリケーションが、アプリケーショントレースセクションに追加されます。 Articulate Engage、Articulate Quizmaker、Articulate Replay、Articulate Storyline、BlueStacks、DxO FilmPack、DxO OpticsPro、DxO ViewPoint、GnuCash、Viber。

バージョン 10.6.x の新しい R-Wipe & Clean の機能

  • 新しい項目がインターネット (Google Chrome) セクションに追加されます: 現在のセッションコマンド、現在のタブコマンド、最後のセッションコマンド、最後のタブコマンド。
  • 新しい項目がインターネット (Mozilla Firefox) に追加されます: 予測データ。
  • 次の項目がいくつかのアプリケーションのアクティビティのトレースに追加されます。 GIMP: フォントキャッシュ、Thunderbird: キャッシュファイルおよびアップデートログ。

バージョン 10.5.x の新しい R-Wipe & Clean の機能

  • 新しいアイテムが、インターネット (Google Chrome) セクションに追加されました。: アドレスバーの履歴、補助トレース、DNSプリフェッチデータ、よく訪れるサイトのデータ、プリレンダリングデータ、クォータ管理データ、検索履歴、同期データ、TLS証明書。
  • 記憶されたアプリケーションの互換設定 アイテムがユーザーセクションに追加されました。
  • Mozilla Firefox の最新バージョン (32.0)をサポート

バージョン 10.4.x の新しい R-Wipe & Clean の機能

  • 新しいアイテムが、インターネット (Google Chrome) セクションに追加されました。: アプリケーションキャッシュ、キャッシュされたジャンプリストのアイコン、拡張機能のデータベース、拡張機能の状態、Flash Playerのキャッシュ、GPUキャッシュ、メディアキャッシュ、ロールバックジャーナル、検索エンジンのデータ、セッションデータベース、Webデータベース。

バージョン 10.3.x の新しい R-Wipe & Clean の機能

  • 新しいアイテムが、インターネット (Mozilla Firefox) セクションに追加されました。: キャッシュされたジャンプリストのアイコン、クラッシュミニダンプファイル、クラッシュレポート、DOM Storage、FHRパフォーマンス測定、記憶されたPDF表示パラメータ、記憶されたWebページのサムネイル、更新ログ。

バージョン 10.2.x の新しい R-Wipe & Clean の機能

  • 新しいアイテムが、ビルトインセクションに追加されました。: ローカルサービスのキャッシュされた証明書ファイル、ローカルサービスの一時ファイル、ローカルシステムのキャッシュされた証明書ファイル、ローカルシステムの共通言語ランタイムのログ、ネットワークサービスのキャッシュされた証明書ファイル、ネットワークサービスの診断ログ、ネットワークサービスの一時ファイル、ローカルシステムの一時ファイル。
  • 新しいアイテムが、プログラムデータセクションに追加されました。: 信頼性モニタのトレース、アプリのリポジトリ (Windows 8のみ), デジタル著作権管理のトレース、ソフトウェアの品質管理トレース。
  • 新しいアイテムが、システムセクションに追加されました。: SRUモニタのトレース。
  • 新しいアイテムが、ユーザーのセクションに追加されました。: 通知のキャッシュ (Windows 8のみ)、同期のトレース (Windows 8のみ)、Windows Update ログ。
  • 新しいアイテムが、アプリケーショントレースセクションに追加されました。: Windows Live 共通トレースおよびパフォーマンス / リソースモニター、ログ (Windows メール および SkyDrive)

バージョン 10.1.x の新しい R-Wipe & Clean の機能

  • 新しいアイテムが、インターネット (Mozilla Firefox) セクションに追加されました。: 記憶されたSSLの許可 * 新しいアイテムが、ユーザーのセクションに追加されました。 : 共通言語ランタイムのログ。
  • 新しいメトロアプリケーションが、アプリケーショントレースに追加されました。: Windows 通信アプリケーション (カレンダー、メール および People の全てのトレース)、フード&レシピ、ゲーム、ヘルスケア、ミュージック、およびビデオ。

バージョン 10.0.x の新しい R-Wipe & Clean の機能

  • Windows 8.1のサポート。
  • 新しいアプリケーションが、アプリケーショントレースセクションに追加されました。: BitComet、Vuze Bittorrent クライアント、Bing デスクトップ、Images2PDF、PDF Architect、Scribus、Calligra Officeの6つのアプリケーション (Calligra Sheets、Calligra Words、Flow、Karbon、Plan、Stage)
  • 新しいアイテムが、システムセクションに追加されました。: 記憶されたスケジュールされたタスク、記憶された画像取得アプリケーションの削除済みスキャンボタン、および記憶されたファイアウォールの規則。
  • 新しいアイテムが、プログラムデータセクションに追加されました。: Windows サーチのインデックスファイル、およびWindows サーチのログファイル。

R-Wipe & Clean 機能はバージョン 9.x で実装されます。

  • クリーニングのための新しいセクションが追加されます: ワイヤレスネットワークプロファイルおよびビルトインアカウントを保存します。
  • 新しいアプリケーションが、アプリケーショントレースセクションに追加されました。 Windows リーダー、財務、マップ、ニュース、写真、SkyDrive、スポーツ、ショップ、旅行、天気。
  • チャット履歴、コール履歴、格納されたチャットプロパティ、受信ファイル、送信ファイル、送信 SMS メッセージ、未承認連絡先タブなどを含む Skype のトレースをクリアします。スケジューラおよび Boss key も Skype をサポートします。
  • 次のシステムにより格納された情報をクリアします: 格納されたプログラムの追加および削除、プログラム識別子、COM クラス識別子、ファイルタイプ、キャッシュされたファイル拡張子、問題レポート、削除された画像集録アプリケーション、共有モジュールの場所、格納されたサービス情報、インデックスサービスカタログなど。
  • 次のユーザーによるトレースをクリアします: 格納された環境変数、ファイルタイプ、プログラム識別子、サウンドスキーム、システムレジストリのトレース、問題レポートなど。
  • Mozilla Firefox 4.0 を完全サポートします。 Improved cleaning for Cookies、履歴、フォームに格納されたテキスト、パスワード、ダウンロード内容を掃除する能力を改善しました。
  • 次の Internet Explorer のトレースをクリアします: 統計、高度な検索バーの検索履歴、LinkedIn ツールバートレース(検索履歴およびキャッシュファイルバー付)、MySpace ツールバートレース(キャッシュイメージおよびログタブ付)、キャッシュファイル、Baidu ツールバートレース(検索履歴およびキャッシュファイルタブ付)、AltaVista ツールバー検索履歴、Excite スピードバートレース(検索履歴およびキャッシュファイルタブ付)、Ask ツールバー検索履歴、Silverlight トレース(最近のウェブサイト、データファイル、キャッシュファイルタブ付)を使用するブラウザ拡張。
  • 既存ファイルを、起動リネームマネージャ内に再書き込みすることが可能です。 第 3 カラムが既存フォルダ/ファイルを上書きするファイルリストに追加され、パスダイアログボックスに既存フォルダ/ファイルを上書きするオプションが追加されました。
  • アプリケーショントレースセクションでのアプリケーションの取扱いを改善しました。
  • Windows ライブメッセンジャーのトレースのクリア。 そのようなイベントは、スケジューラに追加されます。
  • AOL インスタントメッセンジャーのトレースのクリア。 そのようなイベントは、スケジューラおよび Boss Key に追加されます。
© Copyright 2000-2017 R-Tools Technology Inc.